撮影 2017年2月10日 つくば植物園 撮影 2017年5月18日 つくば植物園

パパイア  別名:パパイヤ

英名:Papaya, papaw, pawpaw 学名:Carica papaya パパイア科 パパイア属

・ 原産地:メキシコ南部から西インド諸島。日本には明治時代に渡来。
・ 低木。
・ 花は茎の先端近く、葉の下側に出る。通常は雌雄異株で、雄花は長い花序になって垂れ下がる。
・ 花弁は5枚。花径は5cmほど。
・ 花の色は、花は黄緑色で目立たない。
・ 花期:5月〜10月。
・ 樹高:2m〜3mほど(地植えでは8mほどまで伸びます)。
・ 葉はやや掌状に大きく切れ込みが入っている。
・ 果実は大きさが15cm〜30cmほど、果皮は緑色から熟すると黄色に変化する。
・ 名前の由来:カリブ海沿岸での呼び名である「アババイ」がなまったものであるといわれています。
・ 用途:鉢植え、庭植え、温室栽培。食用、観葉植物。
・ 花言葉は「燃える思い」。
・ 誕生花:―。

 

趣味の花図鑑トップページ          いきいき自己実現

アクセスカウンター