撮影 2018年3月2日 つくば植物園

テロカクタス・獅子頭  別名:獅子頭(シシガシラ)

英名:  学名:Thelocactus lophothele サボテン科 テロカクタス属

・ 原産地はメキシコ。
・ 低球形〜球形。径5cm程度の淡桃花。細長く成長する柱サボテンに対して玉サボテンと呼ぶ。
・ 大きなイボに太刺をもつ。球体に成長に比例して花も刺も大きくなり、刺・花を楽しめるサボテンともいえる。
・ 用途:鉢植え、路地植え。

* 植物園の展示には「とても痛そうな刺(とげ)ですが、そーと触れば大丈夫! そーっとですよ!!」

 でも、痛そうなので、触りませんでした。

* テロカクタス属の仲間

 天晃(テンコウ):体色は青緑色で薄い白色の粉を纏い、稜は六角のイボに分かれる。

 紅鷹(ベニタカ)、緋冠竜(ヒカンリュウ)、大統領、獅子頭、鶴巣丸(ツルスマル)があります。


サボテン各種


     
 
趣味の花図鑑トップページ          いきいき自己実現



アクセスカウンター