撮影:2009年5月12日 つくば植物園 撮影:2013年8月2日 つくば植物園
 
ハマナス (浜茄子) 別名:ハマナシ(浜梨)

英名:Japanese rose  学名:Rosa rugosa  バラ科 バラ属

        ・ 原産地:日本〜東アジア。
        ・ 落葉低木。
        ・ 北海道に多く、茨城県以北の太平洋側、島根県以北の日本海側に分布する。
        ・ 主に海岸の砂地に自生する。
        ・ 花の直径は6cm〜7cm。
        ・ 花弁は濃いピンク色。
        ・ 花期 5月〜8月。
        ・ 果期は、8月〜10月。
        ・ 葉は厚くて、裏には毛が多く、7〜9枚の小葉を持つ複葉。
        ・ 枝は太くてものすごい棘があり、迂闊に触れません。
        ・ 樹高は、1mほど。
        ・ 名前の由来:次の2つの説があります。
         1)「ハマナス」の名は、浜(海岸の砂地)に生え、果実が赤ナスににているから。
         2)果実がナシに似た味をしているから「浜梨」、これが訛ったもの
        ・ 用途:鉢植え、庭植え、加工食、生薬。
        ・ 花言葉:「見映えの良さ」、「美しい悲しみ」
        ・ 7月5日の誕生花

        *ハマナスの果実は食べられます。生食すると甘酸っぱい味がします。

                      

トップページ           カタバミ 
アクセスカウンター