撮影 2021年1月8日 つくば植物園/font> 撮影 2019年1月24日 つくば植物園/font>

ヒマツリ (火祭り) 別名: 

英名:Campfire Crassula 学名:Crassula capitella ssp.thyrsifolia 'Flame' ベンケイソウ科 クラッスラ属 

・ 原産地:アフリカ。マダカスカル、アラビア半島。
・ 多年草。、多肉草。
・ 生長期は春から秋。夏頃に茎の先端あたりから花芽を出して伸びます。
・ 花期:9月〜11月。
・ 花は穂状に小さな白花がまとめて咲きます。
・ 草丈:10cm〜20cm。
・ 葉は,燃える炎のように赤く色づきます。
・ 名前の由来:紅葉した茎葉は炎のように赤くなることから。
・ 花言葉:「温厚」
・ 誕生花:ー。

仲間
 ・アカオニジョウ(赤鬼城:Crassula fusca)
 ・モミジマツリ(もみじ祭)
 ・リンゴヒマツリ(りんご火祭)

*多肉植物
  サボテン   サボテン以外

 
趣味の花図鑑トップページ          いきいき自己実現



アクセスカウンター