撮影 2019年3月5日 自宅

ニホンスイセン (日本水仙) 別名:雪中花

英名:  学名:Narcissus tazetta var. chinensis  ヒガンバナ科 スイセン属

・ 原産地:地中海沿岸。ニホンスイセンと日本が付いているが、日本原産ではない。
・ 多年草(球根)。
・ 花被片(花びら)は6枚で、色は白色。
・ 中央部の盃状の部分(副花冠)は黄色です。
・ 花径は3〜4cmほどです。
・ 花期は12月下旬〜2月上旬。
・ 鱗茎(りんけい)から長さが30〜50cmの数枚の扁平(へんぺい)な線形葉を出す。
・ 用途:鉢、花壇。
・ 花言葉:うぬぼれ、自己愛。
・ 1月2日、1月3日、12月30日の誕生花。

*ニホンスイセンの種類。

・八重咲ニホンスイセン:八重咲に咲く種類です。
・越前スイセン:越前海岸周辺で咲くニホンスイセン。潮風に当たっているため、香りが強い種類のようです。

。 * スイセン各種

 
趣味の花図鑑トップページ          いきいき自己実現


アクセスカウンター