撮影 2020年11月14日 近隣

シュロチク (棕櫚竹)

英名:Slender lady palm  学名: Rhapis humilis  ヤシ科 カンノンチク属(ラピス属)

・ 原産地:中国南部。
・ 常緑低木。
・ シュロチク(棕櫚竹)の名前だが、竹ではない。
・ 葉は羽状複葉で、小葉の形は披針形(笹の葉のような形)をしている。
・ 木の姿を整える(整姿)には、枯れた葉先は切り、枯れた下葉は取る。
・ 木の丈を切り戻したり、剪定をすると育たない。
・ 樹高は1〜5m。
・ 花言葉:「思慮深い」「向上心」
・ 誕生花:ー。

* シュロチクとカンノンチクの違い
・シュロチクは、カンノンチクと比べて、切れ込んだ葉の幅が細く繊細で、成長は遅いが寒さに強い。
・カンノンチクは、シュロチクに比べて、切れ込んだ葉の幅が太く、成長も比較的早い。
・「シュロチク」よりもさらに葉が細長く、繊細な印象を与える「ウンナン(雲南)シュロチク」があります。

* シュロチクとカンノンチクは、幹の表面が褐色の繊維(古い葉鞘)で覆われています。
  この繊維は、手でむき取ってしまえば、すっきりした見栄えになります。
 すると、幹は、ツルツルでクリーム色をしており、光が当たると徐々に緑色に変化していきます。

主なヤシ科の植物




 
趣味の花図鑑トップページ          いきいき自己実現
アクセスカウンター