シュロ(ワジュロ)(比較)トウジュロ
撮影 2016年9月29日 つくば植物園撮影 2017年11月1日 つくば植物園
 

シュロ (棕櫚、棕梠、椶櫚)  別名:ワジュロ

英名:Chusan Palm, Windmill Palm   学名:Trachycarpus fortunei ヤシ科 シュロ属

・ 原産地:日本(九州南部に自生)、中国南部。
・ 常緑高木。
・ 雌雄異株で、稀に雌雄同株も存在する。
・ 幹は円柱形で、分岐せずに垂直に伸びる。
・ 幹の先端に扇状に葉柄を広げて数十枚の深く裂けた葉をつける。
・ 葉柄の基部は幹に接する部分で大きく三角形に広がり、幹を抱くような形になっている。
・ この部分の下端から下に30〜50cmにわたって幹を暗褐色の繊維質が包んでおり、これをシュロ皮という。
・ 雌株は葉の間から花枝を伸ばし、小さな粒状のクリーム色の花を密集して咲かせる。
・ 開花期は5月〜6月。
・ 果実は、直径1cmくらいで、11月〜12月に黒青色に熟す。
・ 樹高は大きいもので10mくらいになる。
・ 名前の由来は、属名のトラキカルプスはトラキス(でこぼこ)とカルポス(果実)からなり、果実の形にちなみます。
・ 用途:庭園樹,幹に生えた毛(繊維)はシュロ縄やたわしの原材料に、葉は帽子や敷物、ハエたたきなど。
・ 花言葉:「勝利」「不変の友情」「祝賀」「戦勝」「優勝の意」
・ 10月5日、12月15日の誕生花

* 種類。
  シュロ(ワジュロ):葉の先端は垂下る。
  トウジュロ(上部写真右):ワジュロよりも樹高・葉面が小さく、組織が固い。そのため葉の先端が下垂しないのが特徴。
  アイジュロ:ワジュロとトウジュロの間には雑種。

* ワシュロは、耐寒性に富んでいるので、関東地方でも栽培されている。

ヤシ科の主な種類の一覧写真

主なヤシ科の植物
   カンノンチク属: カンノンチク、シュロチク 
   シュロ属    : シュロトウジュロ
   ココヤシ属:ココヤシ
   テーブルヤシ属:テーブルヤシ、ヒメテーブルヤシ、キレバテーブルヤシ
   ナツメヤシ属 (フェニックス属):カナリーヤシ、ナツメヤシ、シンノウヤシ
   ピナンガ属  :ピナンガヤシ
   ヒオフォルベ属:トックリヤシ、トックリヤシモドキ
   ブテア属   :ブラジルヤシ
   ショウジョウヤシ属:ショウジョウヤシ、ヒメショウジョウヤシ




 
趣味の花図鑑トップページ          いきいき自己実現
アクセスカウンター