撮影 2009年9月27日 自宅庭撮影 2010年9月22日 つくば植物園
 

ゲンノショウコ (現の証拠)  別名:ミコシグサ、タチマチグサ、イシャゴロシ、ネコグサ

英名:geranium herb  学名: Geranium nepalense subsp. thunbergii  フウロソウ科 フウロソウ属

・ 原産地:日本。耐寒性多年草
・ 分布:北海道南部から本州、四国、九州などの山野、道端。
・ 江戸時代から民間薬として利用されるようになりました。
・ 茎は細く他の植物にもたれるか、地表を這う
・ 花期:7月〜10月。
・ 関西地方では紅紫色〜淡紅色の赤花系が多く、関東地方には白花が多い。
・ 花径は1cm〜1.5cm ほど
・ 花芯部に黒紫色の10本の雄シベ(葯)が付き、柱頭に赤っぽい雌しべが開きます。
・ 草丈30〜50cm程度
・ 葉は対生し、上部では3裂し、下部では5裂します。
・ 名前の由来は、この薬効が速やかに”現”われることから”現の証拠=(あらわれの証拠)=ゲンノショウコ”。
・ 用途:お茶・薬酒・浴湯。
 民間療法(下痢、小便不利、更年期障害、冷え症、便秘、健胃、整腸、強壮 )

・ 花言葉:「憂いを忘れて」、「心の強さ」
・ 9月18日の誕生花。

* フウロソウ属には、ビッチュウフウロアサマフウロアケボノフウロゲンノショウコ、アメリカフウロ、
 ハクサンフウロ、ヒメフウロ、イブキフウロなどがあります。

 
趣味の花図鑑トップページ          いきいき自己実現



アクセスカウンター