撮影 2014年9月19日 つくば植物園

ビッチュウフウロ (備中風露)

学名:Geranium yoshinoi Makino   フウロソウ科 フウロソウ属

    ・ 原産地:日本固有種。多年草。
    ・ 分布:本州(中部,近畿,中国)。
    ・ 湿った林の縁や草原に生育する。
    ・ 5弁の花。
    ・ 花の色:淡紅紫で花弁に濃い色の脈が目立つ。
    ・ 花径は、2cmほど。
    ・ 開花期:8月〜11月。
    ・ 草丈:40cm〜70cmほど。
    ・ 下部の葉は掌状に5深裂、幅5cm〜8cm、裂片はさらに細裂する。
    ・ 茎、葉に下向きの伏毛が生える。
    ・ 名前の由来:備中地方(岡山県)に自生が多く見られることから。
    ・ フウロソウの花言葉:「変わらぬ信頼」

     フウロソウ属には、ビッチュウフウロアサマフウロアケボノフウロゲンノショウコ、アメリカフウロ、
     ハクサンフウロ、ヒメフウロ、イブキフウロなどがあります。

 

趣味の花図鑑トップページ          いきいき自己実現





アクセスカウンター