撮影 2011 年1月31日  自宅の庭

プリムラ・オブコニカ 別名:トキワザクラ、西洋四季サクラソウ 

英名 top primrosa  学名:Primula obconica    サクラソウ科 サクラソウ(プリムラ)属

・ 原産地:中国 ・ 半耐寒性常緑多年草/一年草扱い。
・ 開花時期は12月〜4月。
・ 花径3cm〜5cmの花が集まって、毬状に花を咲かせます。
・ 花の色は、赤、青、紫、白、桃色、橙色、青紫など。
・ 花弁には切れ込みがあるが丸くて豊か。
・ 草丈:30cm〜40cm。
・ 観賞法:鉢植え、寄せ植え、花壇
・ 名前の由来:オブコニカの名は、倒円錐形の意味で鉢形の萼にちなむ。
・ 花言葉:「初恋」、「『青春の美しさ」
・ 誕生花:2月11日、2月23日、3月1日、12月19日

 プリムラ属
 プリムラ属には、ジュリアン、ポリアンサ、メラコイデス、オブコニカ、デンティキュラータなどがあります。
 その中でも一番暑さに弱いのはメラコイデスです。

 栽培上の注意点
 オブコニカは夏は涼しい場所で管理しましょう。
 オブコニカは寒さに弱いので冬は室内の明るい窓際に置きかえましょう。

 花は次々と咲くので、咲き終わった花は早めに摘み取ります。
 水やりの際、花や葉に水をかけない。
 花が枯れてきたら花茎の元から切り落とす。
 
趣味の花図鑑トップページ          いきいき自己実現              
アクセスカウンター