撮影 2008年10月19日 野球場兼調整池の土手

ススキ   別名:カヤ(茅)、オバナ(尾花)

学名 Miscanthus sinensis  イネ科 ススキ属

     ・ 原産地は日本。
     ・ 草丈は1〜2m。全国の草地に生育する多年生草本。秋の七草の一つ
     ・ 開花時期は、 8月 〜 10月。
     ・ 花の大きさは20cm〜30cm(花序)。
     ・ ススキの「スス」は、葉がまっすぐにすくすく立つ ことを表わし、
      「キ」は芽が萌え出でる意味の「萌(キ)」 だと言われている。
     ・ 学名のMiscanthus(ミスカンサス)はギリシャ語の「mischos(小花の柄)+ anthos(花)」 が語源。
     ・ 中秋の名月=十五夜(陰暦八月十五日)や中秋の名月の
      次に月が美しい十三夜(陰暦九月十三日)の月見にもよく似合う。
     ・ 花言葉は、「心が通じる」「生命力」
     ・ 誕生花 9月7日


     * 秋の七草の1つである。
      <秋の七草>
      オミナエシ(女郎花)、オバナ(尾花:ススキのこと)、キキョウ(桔梗)
      ナデシコ(撫子)、フジバカマ(藤袴)、クズ(葛)、ハギ(萩)

        
 
趣味の花図鑑トップページ          いきいき自己実現

アクセスカウンター