撮影:2015年5月22日 つくば植物園
 
トリアシショウマ (鳥足升麻) 別名:

英名: 学名:Astilbe thunbergii var. congesta   ユキノシタ科 チダケサシ属

       ・ 原産地:日本。
       ・ 分布:本州(中北部)から北海道にかけて分布。
       ・ 山間部の半日陰の場所や林縁に自生する。
       ・ 小さな白い花を密に付けた20cm〜30cmものブラシのような花穂を伸ばします。
         花茎を斜上させ、花茎の下部から順に上部に向かって枝分かれさせ全体として円錐塔状の花序になります。
         分岐した花茎がさらに枝分かれするのが特徴です。
         分岐した花茎のまわりに小さな白い花をびっしりとつけます。
       ・ 花弁は白色。
       ・ 花径(花の直径)は、4〜6mmほど。
       ・ 花期 5月中旬〜6月中旬。(6月〜7月としている文献が多いです。)
       ・ 花茎は高さ40cm〜1m。
       ・ 草丈は、30cm〜1mほど。
       ・ 葉は互生、3回3出複葉(3回葉軸が枝分かれしてその先に3枚の小さい葉をつける)。
       ・ 小葉は長さ5〜12cm、幅4〜10cmの卵形から広卵型で荒い鋸歯があります。
       ・ 名前の由来は、細く丈夫な茎や3枚の葉の閉じた姿を鳥の足に似ていることから。
       ・ 用途:おひたしや和え物などとして。
       ・ 花言葉:「来福」、「可憐な心」。


       * ショウマと名の付く植物
        ・アカショウマトリアシショウマレンゲショウマキレンゲショウマアワモリショウマ
         サラシナショウマ、ヤマブキショウマ、シマヤマブキショウマ、ハチジョウヤマブキショウマ、オオバショウマ

       * ユキノシタ科チダケサシ属に属するもの
         トリアシショウマ、アワモリショウマ、アカショウマ、チダケサシ

       * キンポウゲ科サラシナショウマ属に属するもの
         サラシナショウマ、イヌショウマ、レンゲショウマ、オオバショウマ

       * バラ科ヤマブキショウマ属に属するもの
         ヤマブキショウマ、シマヤマブキショウマ、ハチジョウヤマブキショウマ

       * 似たのものとの違い、見分け方

        ・ 同属のアカショウマは、チダケサシの花序によく似ていますが花序の一番下で枝分かれした花茎が長いこと、
          下向きに湾曲することがほとんどであること、また葉先が尾状になっていることで区別できます。
        ・ 同属のトリアシショウマは花序が枝分かれした後さらに枝分かれすること、また、葉先も尾状に伸びていることで区別できます。
        ・ キンポウゲ科のサラシナショウマやイヌショウマも花茎がほとんど枝分かれしないことで区別できます。
        ・ バラ科のヤマブキショウマは、枝分かれした花序の全ての長さがほとんど同じで、円錐塔状でなく放射状に見えることで区別できます。
 

トップページ           いきいき自己実現 


アクセスカウンター